スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HDDを軽くする方法3
2008年03月10日 (月) | 編集 |
第3弾は、ページングファイルの量を減らす。これは要は仮想メモリで、HDDをどのくらいメモリ代わりとして用意しておくかというものなのですが、1Gもメモリを積んでいるとまず仮想メモリの出番はありません。というよりスペシャルフォースをはじめとするオンラインゲームで仮想メモリを使っている場合ではありません。仮想メモリは普通のメモリより1000倍ほどスピードが遅いです。そのため動きが悪くなります。
仮想メモリの設定は妙なことに、メモリを積めば積むほど大きく設定されます。しかし逆にメモリが多ければ多いほど出番はなくなってきます。しかも仮想メモリのサイズを2Gとか3Gとかに設定しているようで、かなりHDDの容量を食います。そこでページングファイルのサイズを最適化しておきたいと思います。
やり方は
パフォーマンス1

まずマイコンピューター→コントロールパネルを選びます
パフォーマンス2

システムを選びます
パフォーマンス3

詳細設定でパフォーマンスのところの設定をクリックします
仮想1

パフォーマンスオプションの詳細設定の仮想メモリの欄の変更をクリックします
仮想2

C:でカスタムサイズを選び、好きなサイズをいれ、横の設定を押します。
現在の数値より小さいものを選ぶと再起動を促されます。再起動するまで設定は反映されません。
1Gも積んでいれば本当なら出番はないのですが、何を血迷ったか仮想メモリを優先的に使うプログラム(officeの1部分等)が結構あります。なので256Mくらいは残しておくほうが無難です。またページングファイルなしを選んでも1152Mものページングファイルを作成してくれます(なぜ^^;)。小さくしたい方は256Mがいいと思います。
ただ、メモリが256Mや512Mの方は仮想メモリの活躍の場もありますので、初期サイズ256M、最大サイズ768Mくらいにしとくのが無難だと思います。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。