スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HDDを軽くする方法1
2008年03月07日 (金) | 編集 |
HDDは処理能力とは直接は関係ないように思えますが、HDDの残りの割合によってパフォーマンスは大きく変わります。20%くらいまできますと、使えたものではありません。が、2世代前のパソコン(XP出たての頃)やノートなどでは容量に苦しまされることはよくあると思います。とはいえどれも重要なデータばかりという方にHDDを相当軽くする方法を紹介していきます。
古いファイルの圧縮はお勧めしません。HDDはあきますが、ほとんどのプログラムに悪影響を及ぼします。(起動時に解凍が必要なため)
まずはシステムの復元ファイル消しから。
システムの復元ファイルとは、その名の通り、システムを復元させるファイルです。何かの手違いや、ウイルスなどで重要なファイルが壊れて起動しない(ここまで行くときついが)かそこまででなくても動きが妙に悪い場合などに使用しますが、ごく健康な場合は別に必要ありません。消すといっても最新の復元ファイルは残りますので、心配要りません。
 やり方はまずスタート→マイコンピューターを開きます
復元ファイル消し1

次にC:のプロパティーを開きます
復元ファイル消し2

ディスクのクリーンアップを開きます
復元ファイル消し3

しばらく待ちます
復元ファイル消し4

詳細オプションの側へ行きます
復元ファイル消し5

システムの復元のところのクリーンアップを押します
復元ファイル消し6

はいを押します
復元ファイル消し7

これで最大でHDDの12%もの空きができます。マジこんなものに12%も使うなよ…最新の復元ファイルだけだと怖い人は
スタート→コントロールパネルへ行き
復元ファイル消し2-1

システムを選びます
復元ファイル消し2-2

システムの復元の項目があります
復元ファイル消し2-3

好きなサイズだけ残してOKを押します
復元ファイル消し2-4

正直普通の復元ファイルはたいした重さではなく、ゲーム等重たいプログラムを削除した時に復元ファイルはそのファイルのサイズに応じたどでかいサイズのものを作成します。要は最低限(200M?)あれば起動に必要なファイルを復元するには十分ですし、多くても1Gもあればサイズ的には十分すぎるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。