スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
windows defenderを消す
2009年07月16日 (木) | 編集 |
会社のPC使っててなんだこれ!?つかえたもんじゃねえ…と思ってプロセス見てたらやたら重いのを発見。

調べてみるとWindows Defender

VISTAとは相性がいいのかもしれないが、XPとはあまり相性が良くない印象。

メモリも100M近く食う上、アプリケーションが起動するたびMAXまでCPU使用してくれる(一応会社のPCはPentium-DualCore)

はずすと相当快適になってくれた。

はずし方としては スタート→コントロールパネル→システム→プログラムの追加と削除でwindowsDefenderをアンインストールする。

ただ、その分スパイウェア検出力は低くなるため、別の対策ソフトで補うのがいい。

まあインターネットエクスプローラーや、初期付属の解凍ソフトなんかを使用してる状態でないと機能しないので、FirefoxやOpera、LhacaやLhaplus、7Zipなんか使ってる人だとほとんど機能しないお荷物。

責任は取れないので自己責任で。ただ、はずしても他のウイルス対策ソフト入れてれば問題ないと思う。

かなり変わるので、重い人はやってみてください
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。